基礎代謝をあげ下半身を引き締める

こんにちは。
ご訪問有り難う御座います。

数日間、下半身を引き締める方法を考えてきました。

  1. 骨盤がズレている為に、血流やリンパが滞っている
  2. 日常生活での姿勢や癖が影響している
  3. 食生活が乱れ栄養素不足になっている
  4. 冷えやムクミによって血行が悪く基礎代謝量が低い

下半身が引き締まらない理由として、大きく4つ原因をあげました。
前回までで、(1)~(3)をまとめています。

是非、ご覧いただければと思います。

↓↓では今日の主な内容です↓↓
基礎代謝量を無理なく増やしましょう
簡単な体操(ストレッチ)

低体温・基礎代謝・冷え・ムクミの関係

この項目はどれが先なのか? の部分が多いです。

男性と女性を比べると、筋肉量に明らかな違いがあり
女性のほうが下半身が太りやすい原因にもあげられます。

冷えやムクミの原因に、血行が悪い。 リンパの流れが悪い。
こういう理由が考えられますが、これも筋肉量に関係しています。

特に下半身に関して言えば、フクラハギの筋肉がポンプの役割をし、
それによって水分を体中に回しています。(第二の心臓と呼ばれる理由)

冷えやムクミ、そして下半身の悩み、全部一緒に考えると簡単なのかも
知れません。

基礎代謝を増やすには

  • 血行を良くする
  • 体温を上げる
  • 筋肉量を増やす
  • ストレスを溜めない

ダンベル体操で筋肉量を増やす
他にも、前回の食事の問題や無理なダイエット等も絡んできます。

ストレス解消にも繋がる、筋力アップなどを取り入れられると、
全部解消できそうです。

無理せず簡単に筋肉量を増やす方法

これは最近私が取り組みだしたスロージョギングが効果的。
特にふくらはぎの筋力アップには効果テキメンです。

なぜかと言うと、かかとを付けないで行うからです。
これによって、ふくらはぎに絶妙な負荷がかかり、筋肉量を増やします。

参考にYouTubeにアップされている動画を御覧ください。
(前半部分だけ見ればやり方が分ります)

私は毎朝15分程やっていますが、最初の頃はふくらはぎがパンパンに
なりました。

このスロージョギングの良いところは、

  • キツくない
  • いつでも何処でも実践可能
  • 美容にも健康にも効果あり

私の一番のおすすめ法はその場で行うスロージョギングです。
その場で足踏みするんです。 これが積み重ねると結構な
時間になるのです。 1日平均10分はいきます。

例えば、

  • お湯が沸くのを待ってる時間(2~3分)
  • テレビのコマーシャル中
  • 信号待ちの時間
  • 風呂のお湯を溜める時間

是非!試してみてください。

今日のまとめ

適度な運動が、ストレス解消にも繋がるような方向で
考えられると凄く効果的な対策が出来そうです。

無理のない食事・運動・ダイエットで一気に引き締めましょう。

コメントを残す