ウォーキングは何時する? 本当に朝一が有効なのか?!

a1180_005194

こんにちは。
ご訪問いただき有り難う御座います。

今日は、ダイエットや健康にとても有効な有酸素運動
ウォーキングについてです。

せっかく思い立って始めたウォーキング。
最大限の効果を得たいですよね。

↓↓では今日の主な内容です↓↓

  1. 朝一番のウォーキングに注意!
  2. ウォーキングの目安はどれくらい?

朝一番のウォーキングに注意

ダイエット関連のサイトやブログでは早朝、起床して直ぐの
ウォーキングを勧めているWEBサイトを多く見かけます。

理由は、

  1. 起床して直ぐは、糖分が不足している為、脂肪が燃焼され易い
  2. 早朝歩くことで、身体や脳が目覚めスッキリする
  3. 澄み切った風を感じリフレッシュで出来る

主に、こういうメリットがあります。
早朝ウォーキング
1.2.3どれも正しいことです。

ですが、問題なのは1.の糖分が不足している状態でウォーキングを行う
という部分です。

お年寄りも、このパターンが多いのでは無いかと思います。
私の父もこのタイプで毎朝5時ごろから歩いてましたね。

低血糖の状態でウォーキングすると、身体に負担が掛かります。
貧血や心臓発作に繋がる可能性もありえる訳です。

健康のために始めたウォーキングが、健康を害すことになっては、
何をしているのか分りません。

朝一番のウォーキングの前に軽く糖分補給

朝食のフルーツ
起床してウォーキングに出かけるまでは30分以上必要です。
その間に、りんご・みかん・バナナ・ヨーグルト・スポーツ飲料
などを軽く補給し、ゆっくり準備運動してウォーキングを行う。

糖分補給と準備が必要です。

ちなみに私はほぼ、バナナとヨーグルトです。

大事な事を忘れていました。 必ず水分補給は行ってくださいね。
出来れば常温がよいです。 冷たいと身体が冷えて燃焼効果が落ちます。

ウォーキングの頻度・強度・時間

ウォーキングを始めると毎朝歩かないと効果がない。
そう思い込み無理をして毎朝歩く方もいらっしゃいますが、
無理しながら続けてもいつかは辞めてしまいます。

ウォーキングは1日休んでも、効果に違いが出ることはないそうです。
週に1回しか歩かないとなると効果は期待できませんが、2日に1度
週3日以上なら十分効果は期待できると思います。

推奨時間は延べ30分(10分×3でもOK)です。

最低でも延べ20分は確保したいところです。

どうしても10分しか出来ない方は、スロージョギングを取り入れると
補ってくれます。
スロージョギング
スロージョギングは、ウォーキングの1.6倍カロリーを消費すると
言われており、更に、乳酸(疲れのもと)が発生しないそうです。

スロージョギングに関しては、また別の機会にまとめようと思います。

せっかくやるからには、効果を最大限引き出せるような取り組みに
したいですね。